アーカイブ

福利厚生について

デリヘルは高収入という魅力がありますが、ハードワークであることから常に女性が不足しています。そのため、多くのデリヘルは女性を獲得するために、さまざまな福利厚生を設けているのです。現在は総合風俗求人サイトの絞り込み検索も出来ますので、福利厚生目的でデリヘルを選んでも良いでしょう。

代表的な福利厚生としてネイルや美容院代の補助があります。こういったデリヘルではネイルサロンや美容院と提携しており、提携先であれば割引料金で利用出来るのです。ネイルサロンや美容院へ行くことで美しく変身しますので、集客力アップにも繋がります。そのため、こういった福利厚生を行うデリヘルは多いのです。そのほかにスポーツジムと提携しているデリヘルも多く、割引料金で利用出来ます。

エステサロンや美容クリニックと提携しているデリヘルも少なくありません。こういったデリヘルであれば割引料金で脱毛やスキンケアを受けることもできるのです。さらに、お店によっては整形手術の補助をしてくれるところもあります。女性の中には整形費用を貯めるためにデリヘルで働く女性もいますが、こういったデリヘルであればよりお得に整形手術が受けられるのです。興味のある女性は探してみましょう。

お給料ってどれくらい?

デリヘル働く女性にとって収入は非常に気になるものです。デリヘルの給料はバック率によって決まりますが、多くのデリヘルのバック率は50%から60%に設定されています。たとえば、1万5,000円のプレイ料金でバック率50%だった場合は7,500円が給料になり、バック率60%でしたら9,000円が給料になるシステムです。そのため、バック率を意識してデリヘルを選びましょう。

バック率の高いデリヘルなら、1日の5人のお客さんを相手にすると3万円から5万円の収入になります。そのため、1ヶ月に20日出勤することで60万円から100万円稼ぐことが出来るのです。とはいえ、一般的な仕事でしたら月に20日出勤は当たり前のことですが、デリヘルの仕事内容な非常にハードなもの。そのため、20日働くことは体力的に難しいでしょう。さらに、生理になってしまうと仕事が出来ません。そのため、多くのデリヘル嬢は月に10日出勤をして、35万円ほど稼ぐケースが多いとされています。

もちろん、体力に自信のある女性であれば20日以上出勤することも可能です。借金返済や留学資金の貯金など、明確な目標金額が決まっているのであれば、それだけ出勤しても良いでしょう。

関連資料→ →JOJOEN 十三店